知っていましたか?
交通事故で亡くなった方、後遺症が残った方の中で、子どもの父親が占める割合は85.6%に上ることを。
交通遺児家庭の平均年収は、約210万円。特にシングルマザー世帯では、貧困とされる年122万円以下の世帯が31.1%に上ることを。
交通遺児の親が巻き込まれた事故のケースのうち、10%は加害者であったということを。
Slider

一般社団法人フラワーリボン協会

世界が「交通安全」で染まる世界に向け まず会社が『交通安全意識』の高い会社に

OURVISION

交通遺児の未来をつくる

交通事故で親を亡くした子供たちの社会進出を支援する団体です。

物心両面から支援激励するための事業活動を行なっています。
交通安全が徹底され、すべての子供達が安全で快適に暮らせる社会を目指し、日々活動しています。

交通安全啓蒙

Traffic Safety Awareness
OURMISSION
子どもたちの笑顔を妨げる交通問題を解決する。

交通事故ゼロの思想を広め、交通事故ゼロの世界を実現する。
「安全主義」「安全運転」「安全連携」を運転に関わるすべての人に広めていく。
交通事故をゼロに。交通事故で苦しむ人をゼロに。そして交通事故で苦しむ子どもをゼロに。

「守る幸せ。守られる幸せ」

OURACTIVITIES

「交通安全」

で染まる世界へ

交通事故で笑顔を失う人がいない未来を、私たちと一緒につくりませんか?

一般社団法人フラワーリボン協会は、この理念に賛同し、
会員としてご協力いただける個人・企業や団体等を募集します。